FC2ブログ
10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

スピード検証 Ⅲ 


前回の検証記事では、速度とスピードの法則のようなものを求めた。

不確かな考えのまま走り出し、そのままごろごろと転がりついた先に見つけたそれは果たして正しいのか。
今回はその答えと、更なる検証結果についての記事。





距離が長くなればなるほど、速度の違いは如実になる。
時速100kmの車と時速200kmの吉田が一緒に100km走った時の時間差は30分だが、200kmだと1時間 = 倍になる。つまりそういうことだ(どういうことだ)
今までの検証では200mを測定距離としていたが、それをもっと長くすれば確証に繋がるのではないか?

距離が長くなれば足が早いMSと遅いMSの差は顕著になり、よりマクロなデータによる観測が可能になる。
加えて200mという1つの視点だけではなく、異なった測定距離で測ることにより法則が強固であるかを証明できるのが大きい。



ということでロケ地は大きな軍事基地
ガンキャノン重装型240mmキャノン(GC)でその射程距離 500m を測定距離とした。



e13_01.jpg
2番機はパワポミュージック(業界用語)しました



検証内容は前回とほぼ同じなので省略する。
前回ゴール地点とした停止線は画像のライトアーマーの足元付近の線。スタート地点は遥か右前方。
画像では既に重装型ガンキャノンと被弾側で500m地点を測ったあとで、次はライトアーマーで測るためにスタート地点へ向かっている様子である。


今回もやはり協力者が必要なので何人かに手伝ってもらった。
協力者ではなくその妹が操作していたり、味方が開幕落ちするなど中々にカオスだったが無事検証は終えることができた。
記事にするのは随分と遅くなってしまったが、あらためて感謝を。



測ったのはシンプルに2機。結果は以下のようになった。


e13_02.png


結論からいうと、
恐らくこの公式は正しい。



かかった秒数から時速を求め、一番右の行で公式を使いスピードに変換している。
それぞれライトアーマーは 約227.01 、ガンキャ重は約79.3 だ。

各MSのスピードは 23080 だから、概ね間違っていないといえる。

ではなぜ誤差が生まれたのか。
それはここで書くと脱線になってしまうので、新しいカテゴリの≪単発≫の記事で理由を説明した。
気になる方はそちらも見てほしい。
≪単発≫「射程距離とレティクルの関係、及び爆風効果について」





異なる2つの条件(200mと500m)でほぼ同じ結果が出たとなれば、もはや疑う余地はないとみえる。
よって再びの掲載になるが、MSの移動した時の速度( y )とスピード( x )の関係は、

e13_03.png

という公式で表して問題ないだろう。
コメントの内容を受け少し式変形しました

ようやくこれで今まで数値化されていなかった速度も全てゲーム内のスピードで置き換えることができるようになった。

なら早速スラスターの速度を… と逸りたくなるが、今回はあくまでスピードの検証。
スピードについてまだ検証されていない部分を詳らかにする必要がある。

ということで今回は箇条書き形式で1つ1つの疑問点に答えを用意した。
もし記事を見ていて他に疑問がある方がいらっしゃればコメントを下さるとありがたい。





1.MSのレベルアップにおけるスピードの上昇

当たり前だが、無い

MSの移動速度はスペックが示す通り一定で、どのMSもレベルアップでスピードは上昇しないので、
LV1でも、最高LVのMSでも、移動にかかった秒数、移動速度には全く変化がなかった。

ただスラスターの速度は速くなるようなので、そちらに関してはまた今後検証する。



2.カスタムパーツ「高性能走行制御機構」はLV1だけでも効果がある?

実用性はともかく、効果はある。

ガンキャノン重装型カスパ無し、高性能走行制御機構LV1装備、高性能走行制御機構LV2装備の場合でそれぞれスピードを測ると、


e13_04.png


の結果が出た。ごちゃごちゃしているが、赤枠の部分を見て欲しい。

距離200mを移動するのにかかった時間から時速(km/h)を導き、そして公式でスピードに変換すると、何も装備していない時はもちろん80だが、
その下のどちらのケースも移動速度が実際に上がっているのが数値の違いでハッキリと分かる。
一番下は本来89になるはずだが、計算の関係上1多くなってしまった

ちなみに公式に当てはめても分かるが、スピードは3上がるごとに時速が1km/h上がる。
つまりLV1を装備するとMSの移動速度は1km/h早くなる訳だが、これは秒速に換算すると0.27m
塵も積もれば山となる…というのは間違いではないが、
現在のスロット事情を鑑みても、敵の攻撃を避けたり、懐に潜り込んだりするためにはあまりにも使い勝手が悪すぎるというのが実情だといえる。



3.MSの移動に加速は存在する?

MSによる。

これはわざわざ検証せずとも感覚的に分かることだが、2足歩行するMSのほとんどは加速がなく最初からトップスピードで移動でき、
ガンタンクや最近実装されたギガンなどの戦車型のMSや、独特なホバー移動をする動けるデブ系ドム系移動と同時に加速しはじめ、
最高速となったところで初めて表記上のスピードに達する。


これらの特殊なMSも最高速となったところから計測を開始すれば、スピードの値は他のMSと同じ公式で求めることが可能だ。



3.隠れスキルと言われている「マグネットコーティング」は本当にある?



逆に聞こう。君はあると思うか?



…そうか。あると思うんだな。
いきなりどうした


マグネットコーティングというのはセカンドWikiでおよそ使われている通称で、
その実体は特定のMSだけが持つ「移動方向による速度低下が発生しない」という1つの大きな特徴である。

横や後ろに移動しても移動速度が減衰しないので、より高機動な移動が可能になり、被弾率も激減する。


該当するMSの横移動・後ろ移動の速度を測ってみるのが一番てっとり早いが、まず前哨戦として基本的なMSのそれを見ていく。


e13_05.png


減衰の欄では、前方向の速度を1としてそれぞれの方向の速度の倍率を表している。
ジム、陸戦型ジムともに横方向の減衰は0.8 = 80%、後ろ方向は0.7 = 70%のようだ。

セカンドWikiの「検証・データ」内にある「移動方向補正」を見ても、汎用機の減衰は横:80%、後:70%となっている。
となると、やはり移動方向による減衰は存在する。


ではマグネット・コーティングを持つG-3ガンダムでは本当に減衰はないのか?


e13_06.png


あった。
マグネット・コーティング急げ!


確かに横方向に対する減衰は無いが、後ろ方向に0.1だけ減衰が存在し、移動速度が 90% になっている。
とはいえど90%は支援機並なので十分早い

やはりマグネット・コーティングといえども完全な縦横への移動は実現できなかったということか。
確認がてら、同じくマグネット・コーティングを持つと言われるアレックスを見てみよう。


e13_07.png


あれ?
アレックスだけにね。すいませんでした


後ろ方向の減衰が 80% になっている。
ちなみにアクト・ザクもスピードこそ違うが、同じ減衰パターンであることも確認できた。
 0515 追記:データの見間違いでアクト・ザクの減衰はG-3と同じ横方向100%、後ろ方向90%でした。すみませんでした!

ここではじめの疑問に戻ろう。隠れスキル「マグネット・コーティング」はあるか?ないか?

その答えはあるようでなく、ないようであるである。


ここでガンダムの移動方向の減衰を見て欲しい。


e13_08.png


横移動も後ろ移動も減衰は 80% であり、
さきほどのジムや陸戦型ジムとも違えば、マグネット・コーティングを持つMSのものとも言い難い。


ここまでそれぞれのMSの速度減衰が違うのは何故か?それは問い自体が答えになっている。
つまり、各MSの横や後ろに移動する時の速度は、それぞれのMSごとに設定された減衰パターンで決まるということ。

だからジムと陸戦型ジムが一緒でもガンダムは違う。そして隠れスキル「マグネット・コーティング」を持つとされているMS同士でも違う。
元々スキルとしてのマグネットコーティングなどは存在しない。確かに移動方向による減衰の少ないMSは存在するが、
ただそれらが総称してそう呼ばれていただけであり、そこに明確な定義もなければ区別もない。



定義があるとすれば、横・後ろ移動の減衰がなく、どの方向でも同じスピードで移動できるということだったが…

実はそのMSは存在する。



e13_09.png


タンク系だ。
強機体だと思った? 残念!タンクちゃんでした!

現時点で計測したのはガンタンクとセグウェイギガンだけだが、恐らく他の戦車タイプのMS(ザクタンク、量産型ガンタンク)のような
地面に接地し、履帯…いわばキャタピラで移動するものは全て全方向における移動減衰が無い。

前後の区別なく、左右にも下半身が方向転換し移動するのだから確かに減衰がある方が不思議である。
なんというか、フィクションよりリアルの方がよっぽど合理的なことを痛感する結果な気がします

ただし加速が必要で、更に急な方向転換ができないので思ったようには機動力は出ない。
確かに定義には当てはまるが、これはマグネット・コーティングとは誰も言わないだろう。


e13_10.png


勿論格闘機にも減衰パターンが特殊なMSは存在する。

だいたいの格闘機は横方向の減衰が90%、後ろ方向の減衰が50%、つまり半分になるが、
ガンダム・ピクシーは例外で、どちらも10%カットされている。
きたないさすが忍者きたない

スラスター値が軒並み低くスピードも230止まりと最近まで不遇な扱いを受けていたように思えたが、実はこんなところで優遇されていた。
ステルス機にとって通常移動時の減衰が少ないのは非常に利点といえるだろう。





とまあ、スピードについて分かったのはこんなところ。

マグネット・コーティングの正体が明らかになった代わりに、大きな課題ができた。
前述の通り、「各MSの移動方向における減衰率」である。

これはある程度の目安はついても、法則性は全く通用しない固有のパラメータである。
つまり言いたくはないが、1機1機地道調べていくしか方法はない。


検証勢としては今すぐそれに取りかかるべきなのだが、できれば効率のよい方法を取りたいのが人の性。
もう少し検証が進めば、嫌でも全MSを検証しなければならない運命が待ち構えている。

そう、このテーマの最終目的でもう1つのMSの固有ステータスとされるスラスター移動時の速度の計測だ。



よって次回からは本格的にスラスターのスピードについて問題を広げていく。
一度≪問題提起≫カテゴリで今までの整理をするついでに、スラスター移動の疑問点を洗い出してから本格的に検証に取り掛かっていく予定だ。
移動方向の減衰については中途半端な公開になってしまったが、以降のデータはスラスターの速度の計測と並行して調べていこうと考えている。
あんまり需要もなさそうだしね



ここが折り返し地点となる。まだまだ先は長いが、一緒に走り続けてくれる人はいるか。







[おまけ]


ワイ「ああ~ゆはたタソかわいいんじゃあ~^(演習場消化)」


ワイ「おっと、パワード・ジムが完成した。旋回速度と移動減衰を調べるか」


・・・


ワイ「旋回速度80°/秒!? コスト75低いガンダムと同じかよ!」


ワイ「落ち着けよベイビー、移動減衰もガンダムと同じと思えば悪くないって(裏声) サンキューガッツ。





e13_11.png







e13_12.png










amuro.jpg


スポンサーサイト



category: 検証

thread: 機動戦士ガンダム バトルオペレーション

janre: ゲーム

Posted on 2014/05/08 Thu. 01:13  edit  |  tb: 0   cm: 4  

コメント

パワードジムの横移動が遅いという噂が
数値に出てしまいましたね…

#- | URL
2014/05/08 06:46 * edit *

ジ、ジムですから

batoope #- | URL
2014/05/08 19:01 * edit *

Wikiに記載致しました.

検証お疲れ様です.

上記エントリに記載されている機体について,新たに【移動方向補正】という項目を設けて情報を追加致しました.ご確認いただければ幸いです.
ガンダム,パワード・ジム,アレックス,ガンダム・ピクシー,アクト・ザク,ガンキャノン重装型,G-3ガンダム


また,【検証・データ】ページにおける【移動方向補正】から,「MC機」の項目を削除致しました.「マグネット・コーティング」スキルについては,もう少し検証が進んでから記載の変更・削除について検討したいと思います.

伏流 #17ClnxRY | URL
2014/05/13 19:35 * edit *

>名無し さん
もとよりそんな噂が出ていたみたいですね。
LV1のコストが375の汎用機でスピードが230にも及ばず、かつ減衰も大きいとなると
レレレ移動による撃ち合いは大きく不利ですから、射撃補正の高さを活かせそうにもありません。

このブログはそういう体感で済ませてしまっていることを明らかにするのも目的の1つですから、
非情な結果になりましたが数字で示せてよかったです。

>batoope さん
そ、そうですよジムですもん(なおコストは)

>伏流 さん
お疲れ様です。何だか編集させることを増やしてしまっていて最近は申し訳なく思えてきました。

マグネット・コーティングは浸透しすぎましたからね…
僕のような個人がするブログで「マグネット・コーティングは無い!」と豪語するのは別に問題ないと思うんですが、
Wikiのような中立的で信憑性が高く、影響力もあるコンテンツでいきなり該当する項目を削除したりすれば、相応に反動も大きいでしょう。
このまま検証が進んで、マグネット・コーティングを撤廃するか、また各MSのスペックに移動方向補正のパラメータを加えるかなどの問題は
またwikiやこちらのコメント欄で検討する必要が出てくるでしょうね。

今更気付きましたが移動方向補正って言葉いいですね、僕は減衰パターンと呼んでたけどそっちに変えようかな…

ことはら(筆者) #F/8/srfw | URL
2014/05/13 21:44 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://fml9.blog.fc2.com/tb.php/13-9bc5ab53
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)