FC2ブログ
10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

スラスタースピード検証Ⅰ 


いよいよサイドストーリーズの発売が2日後に迫りましたね。


僕は買わないのでそれ自体にあまり興味は無かったりするのですが、初回特典として付属するペイルライダーは検証者としても、1プレイヤーとしても非常に気になります。



新システム「HADES」…

一度破壊される(=HPが0になる)と再起動し、体力が半分まで回復、部位耐久が全快し武装の弾切れやOHなども修復、
EXAMシステムと同程度の火力補正と速度補正がかかり最初の起き上がり、そしてその後5秒間は攻撃しようが何をしようが絶対に無敵


――― みたいな妄想をしていたのですが、再起動は割と皆も予想しているようで驚きです。
MS、ペイルライダーの撃破を… いや待て、再起動だと!? 有り得るのか、こんなMSが…!

あの運営、ましてバンナムのことですから、限定機体にも関わらずチート性能であっても不思議ではありません。
その方が売上が増えますもんね。最終的に沢山売れればいいんだよ!


おっと脱線しました。それでは本編です。





いよいよというべきか、ようやくというべきか、隠しパラメータであるスラスタースピードの検証を始めた。

まずは前回の問題提起でも述べたように、スプレッドシードで収拾したデータを公開したいのだが、
その前に、筆者よりも前に誰かが調べた連邦のスラスタースピードの一覧表が手に入ったので、ここで公開しておこうと思う。

これはこのブログの読者から譲って頂いた、こういった協力も非常にありがたい。
記事を投稿するついでのようで申し訳ないがお礼を言わせて頂きたい、ありがとう。



e16_01.jpg
ジオン版と同じく、作者様のご意向次第では掲載を取り止めます。ご了承を



恐らく1年前のデータなのでデータがないMSも存在するが、それはまたこちらで穴埋めしていくつもりだ。
これが正しいかどうかの答え合わせは追って検証していこう。



スラスタースピード一覧



そして上のリンクがこれまで筆者が調べたスラスタースピードの全データである。

前回の記事でも説明したように、このスプレッドシートの利点はweb上で即座に編集&反映可能なことだ。
URLさえ知っておけば次回の記事までデータの更新を待つことなく、筆者が調べて更新したスラスタースピードをすぐに知ることができる。
URLはトップページのサイトマップにも掲載しています、ブログをブックマークすると便利かもしれませんね。そうです、露骨なPV稼ぎです(最悪)

残念ながら筆者である自分以外が編集することはできないが、記事のコメント欄などで先に調べて欲しいMSの要望を出してくれれば
優先して検証するくらいのことはするかもしれない。するかもしれない。
断定はしない


少し見てみると分かるが、先に紹介したデータとは微妙に数値が違う。

ここら辺に疑いを持つ人や、スラスタースピードの詳しい検証過程や仕様について知りたい人はこの後も読み進めて欲しい。
データを知れれば問題ない、あとは頑張ってくれ!って人はありがとう、ここで切ってくれて大丈夫だ。あとは任せておけ。





いきなり計算の話になってしまうが、まず200m走で移動した際の所要時間と速度(スピード)の関係性について再確認しておこう。


e16_02.jpg
前の記事で使うつもりだったんですが結局使わなかったのでここでリサイクル


200m走とは無人都市でマシンガンを撃って… という説明は再三説明したので省くが、
要はこの区間を移動してかかった時間から速度やスピードを算出している、という説明をした。

そこで200mを走るのにかかった所要時間と速度やスピードとの関係をひと目で把握するために作成したのが以下の索引だ。
これを見れば、計算しなくとも20Fにおける正確なタイムが分かればおよその速さを求められる。



e16_03.png



色が塗られている文字の行が実際に200mを移動した時にかかる20F単位での時間だ。
これも何回も説明している通りバトオペのFPSは20Fなのだが、非常にこれが厄介で、
速度が速ければ早くなるほど細かい計測が難しくなり、0.05秒ごと(=20F 1/20)ごとでは差異を確認することが難しくなる。
レースのゴールシーンを想像してもらえばよい。ゴールタイムが僅差になればなるほど1秒間で細かいフレームでのジャッジが必要になるが、
それがバトオペでは20、つまり秒間20回しか映像をコマ送りできないということになる。
右の秒数(灰色の文字)が実際にかかる時間だが、現状20Fの近似の秒数から推測するしか方法はない

実際にの4色に色分けされているところは、その0.05秒中で整数の速度が2つ以上存在する時間である。
この区間は上位LVの計測や法則性や野生の勘から正しい数値を見極めるしか無い。

例えばとあるMSの200mをスラスター移動した時の所要時間が3.45秒だった場合、索引を見るとスラスター速度は210、209、208のどれかであり、
またゲーム内の数値であるスラスタースピードに置き換えると470、467、464の3つの内1つになる、ということが分かる。
スピードと同様、スラスタースピードも整数かつ3の倍数で変化する、という前提を適用している。恐らくこれは間違いない


逆に紫色になっている区間は時間が分かると速度やスピードが1つに絞られる。測り間違いさえなければ確定ということになる。
ただ、スラスタースピードがこんなに遅いのは支援機くらいしかいないのだが。




それを踏まえた上で、既に計測済みの連邦軍の汎用何機かの200m走の所要時間を見比べてみよう。
なおどのMSもLV1とする。


ジム改   :4.35秒 スラスタースピード:335、338程度
陸ガンジム頭:4.35秒 スラスタースピード:335、338程度
陸ガン   :4.25秒 スラスタースピード:347、350程度
Ez-8     :4.25秒 スラスタースピード:347、350程度
ガンダム  :4.10秒 スラスタースピード:365、368程度

ちなみに先ゲルもガンダムと同じ4.1秒でした


あくまでも一部だが、これだけでも法則性が見えてくる。
それはこれらのMSのスラスタースピードの差はおよそ15刻みであるということだ。

索引を見直してみると、所要時間に呼応するそれぞれのスラスタースピードのどちらかが他の値と15違いになっており、
またこれらはGP01を除く全てのMSに設定されているスピード(通常移動)と同じ15刻みの延長線に存在していることが分かる。
該当する行を青く塗っているが、その間隔を見れば一目瞭然だろう。

つまり、LV1におけるスラスタースピードの設定も、本来のスピードと同じような法則で設定されている可能性がとても高い。
言及すると、スピード検証で出てきた3n+20がそれにあたる。この場合は15n+20の方が正しいかもしれないが


よって先ほどのMSのLV1のスラスタースピードはこのように確定する。

ジム改    スラスタースピード:335
陸ガンジム頭 スラスタースピード:335
陸ガン    スラスタースピード:350
Ez-8      スラスタースピード:350
ガンダム   スラスタースピード:365



GP01のスピードが251であるようにスラスタースピードでも一部例外があるかもしれないが、
基本的に測定で生まれた揺らぎはこの15刻みの法則に則って数値化していこうと思う。



そうなると次に気になるのがレベルアップによるスラスタースピードの上昇。

連邦汎用ジム改格闘ジム・ライトアーマー支援量産型ガンキャノンは、
ほぼ最高レベルまでスラスタースピードが測定できているので、まずはこの3つの変化を確認する。

まずはジム改から見てみよう。



e16_04.png



個人のメモ用に使っている表なので見辛いかもしれないが、ここまでブログを読んでくれている方には理解できると思う。

それぞれ向かって左の項目が通常の移動、右がスラスター移動に関するデータとなっており、
時間という行はこれまで何度も出てきた200mを移動した時の所要時間を指し、速度とスピードはそれを基準に関数で求められている。
単純に演算するだけで速度が整数になっていないので、必ずしも表記の速さは正しいとは限らないことを留意してほしい。

LV1のスラスタースピードは先程求めたように335である。
LV2以降のスラスタースピードだが、まず所要時間を見てみると、綺麗に0.05秒ずつ早くなっているのが分かる。
所要時間4.0秒~4.5秒の間は索引を見ても分かるように、0.05秒(=1F)ごとに綺麗に速度が2km/hずつ、スピードが6ずつ上昇している。
つまりジム改のLV2~LV7のスラスタースピードの上昇値は 6 である線が濃厚だ。

よってジム改の各レベルのスラスタースピードは、
LV1:335 LV2:341 LV3:347 LV4:353 LV5:359 LV6:365 LV7:371 LV8:377 
と考えられる。



いや、いくらなんでも6ずつ上がってるなんて決めつけるの早くない? さっき揺らぎがあるって言ってたじゃん
と突っ込む人は中々に鋭い。確かに、これだけでは信憑性に欠ける。

そこで残りの2機のスラスタースピードも調べてみよう。これで合点がいくはずだ。



e16_05a.png



ジム改とほとんど同じで、LV4まで0.05秒ずつ計測タイムが短くなっていく。
が、その次のLV5はLV4と同じ3.85秒まさかの課金クラスでタイムが縮まらない不具合

ここで索引を参照すると、実は3.85秒から予測される整数の速度が3つに増えていることが分かる。
この場合該当するのは速度が186、187、188km/hの3つで、MSの速さがこの中のどれかだと所要時間は3.85秒になる。

LV4からLV5に上がった時3.85秒のままタイムが変わらないのは、
LV4の速度が186km/h(スラスタースピード:398)で、LV5が188km/h(スラスタースピード:404)だった場合。

この結果から逆算するとLV1のスラスタースピードの380になるが、これは実際の計測や法則からも正しいといえるので、
格闘機のライトアーマーもスラスタースピードの上昇値は 6 であり、3.85秒の計測も正しいことが分かる。



e16_06.png



そして最後に量産型ガンキャノン。

もう一々答え合わせはしないが、これもスラスタースピードは 6 ずつ上がっていく。
もしライトアーマーや量産型ガンキャノンの各LVの詳しいスラスタースピードが知りたいなら、
スプレッドシートに既に反映してあるのでそちらを参考にして欲しい。



スピードが大幅に違う3タイプのレベルアップにおけるスラスタースピードの上昇値はいずれも6だった。
これはどう考えても偶然とは言いがたい。

どうやらMSの速さは関係なく、スラスタースピードは遅かれ速かれレベルアップごとの上昇値は決まっているようだ。




ガンダム「フン。このワンオフ機である俺でさえも6ずつなのだ、全てのMSがそうに決まって―――







???「オイオイオイ、早とちりはいけないなぁ、ロートルさんよォ。







e16_07.png



貴様…ッ!?

LV1のスラスタースピードが400オーバーと、LV1の時点で既にガンダムLV6を超えているG-3ガンダムだが、
3秒台にも関わらずLVが上がるごとに0.05秒ごとに早くなる。LV5までの上昇値はおよそ36

4で割ると1レベル辺り 9 ずつ上がっている計算になる。
スピードの上昇は3ずつなので、恐らく間違いない。
他のMSとは違い、特殊なスラスタースピードの上昇をするMSと言っていいだろう。


なお、今まで計測したMSで6以外の上昇となったMSはG-3ガンダム以外いない。
他にも存在する可能性があるので、LV1だけでなく、全てのMSでLV2まで計測していこうと考えている。また仕事が増えたもういやだ





LVアップ以外でスラスタースピードが上昇するケースはもう1つある。
前回の問題提起の記事では挙げられなかったが、いわゆる中佐勲章武功獅子勲章の装備である。

実際に装備した場合と装備しなかった場合の陸戦型ガンダムLV1の違いを見てみよう。



e16_08.png



陸戦型ガンダムLV1のスラスタースピードは350である。
上では348となっているがこれは計算上速度が整数になっていない(本来は170km/h)のが原因なので気にしなくてよい。


このMSに武功獅子勲章を装備した状態で計測すると、結果は以下の通り。
スラスタースピードは50以上跳ね上がって400を超えている。

武功獅子勲章の効果は、「MSの回避行動スピードが、10% 上昇、MS本体の装甲性能補正が2%上昇」だが、
スピードの値を見る限り10%以上の上昇を見込めている。これは何故か?



表をよく見れば分かるが、この中佐勲章の10%上昇スラスター速度に掛かっている。

陸戦型ガンダムLV1のスラスター速度は170km/hだが、その10%は 170 * 0.1 =17
これを元の速度に足すと中佐勲章を装備した際の陸戦型ガンダムのスラスター速度187km/hと一致する。


よって索引から、武功獅子勲章を装備した際の陸戦型ガンダムLV1のスラスタースピードは 401 となる。
速度が10%速くなると考えれば、スラスタースピードの値ではなく元の速度に効果が及ぶことは当然でもあるのだが。



なお、この武功獅子勲章はこの陸戦型ガンダムでしか検証していない。

性質上スラスタースピードが速ければ速いほど効果が高くなるのは確実だが、
他のMSでも本当に速度が10%上がった効果が出るのか、計算で小数点が発生した場合、その処理はどうなるのかなど
気になることはいくつかあるので、また発見があり次第記事にまとめてみようと思う。





個々のスラスタースピードは順に調べていくとして、そろそろこの疑問に決着をつけようと思う。

1年前に調べられたスラスタースピードの表は本当に正しいのか?



e16_01.jpg
連邦版。最初のと同じもの
e8_01.png
ジオン版



スラスタースピード一覧
再掲。上のスプレッドシートと同じリンクです。筆者作



もう一度筆者のスプレッドシートと合わせて用意した。
こちらの計測が終了したMSをそれぞれ見比べてみると、なんだか微妙に値がズレている。


ジム改が335ではなく350、陸ガンが350ではなく365、ガンダムが365ではなく380
格闘機もライトアーマーやFSが380ではなく395。ただし量産型ガンキャノンは245で合っている。
ヅダも合ってる

未だに検証方法が分からないので想像するしか無いが、
恐らくこのズレの原因は録画環境などがなかったために正確な計測ができなかったことが考えられる。
スラスタースピードをスピードと同じ法則で表記したり、ズレはあるものの各MSの速さに整合性が取れていたりすることから
誤差はあるものの、MS同士の相対的な速さには準拠していると言っていいだろう。


ただLV2以降の上昇値がLV1のスラスタースピードを基準とした割合増加になっているため、これは正しくない。
詳しくはこのテーマの最初の記事スピードは憶測で測れないを参照のこと。


よって結論としてこのデータはLV1の数値のみスプレッドシートが埋まるまでの代用として参考程度に見て欲しい。
特に、相対的な比較をする場合は役に立つだろう。
1年前にこれだけの熱意を持って検証された方に、あらためて敬意を評したい。





今回は沢山のデータから推測して「こうかもしれない」という規則性を見つける
とても爽快感があるとはいえない記事になってしまったが、検証とは往々にしてそういうものだ。STAP細胞はあるんだ。
炎上が恐いからって微妙に時期をずらして時事ネタを挟むクソブロガーの鑑

新たな発見が無い限り、今後はこのテーマで記事は投稿せずスプレッドシートの更新に勤しむつもりなので、
記事の投稿はなくともたまにそちらの方を覗いてみるといいんじゃないですかね。



スプレッドシートが完成し次第、いよいよ最終目標である≪考察≫カテゴリでこれまでの集大成を記事にします。
まだまだ調べなければならないMSは沢山あるのですぐにとはいきませんが、楽しみにしていただけると幸いです。

スポンサーサイト



category: 検証

thread: 機動戦士ガンダム バトルオペレーション

janre: ゲーム

Posted on 2014/05/28 Wed. 00:23  edit  |  tb: 0   cm: 11  

コメント

お疲れ様です。毎度興味深い記事を拝読させて頂いております。
やはり近いうちにFA全機をフルハンされるのでしょうか…!w
また機会があれば歩兵s…検証のお手伝いができればなと思います。

たつべえ #nU/QYryw | URL
2014/05/28 07:04 * edit *

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |
2014/05/28 21:37 * edit *

ブログ更新お疲れ様です、色々なネタが含まれていて面白い記事でした!
スラスター速度についても感覚でしか分からない(感覚でも分からない)部分だったので参考になりました。次回の更新も楽しみに待ってます!

#- | URL
2014/05/28 23:15 * edit *

並べて見ると運営の調整意図がうっすら見えて面白いですね。
素ザクが素ジムより速いのは、旋回と合わせてBSとのリーチ差を埋める意図なのか?とか。

あと、ブースト最速と言われるヅダさんの上昇値がG3に勝っているのか気になります。

#- | URL
2014/05/30 01:43 * edit *

200mじゃなくて500m走にすれば良いのに

#17ClnxRY | URL
2014/05/30 19:17 * edit *

これはつまり、Ez8のスラ速度増加パターンが特殊でない限り、過去散々言われてきたEz8のスラ速度は陸ガンより速いという話は間違い…ということになるのだろうか

#- | URL
2014/05/31 12:07 * edit *

> たつべえさん
こちらこそ先日はありがとうございました。

FAというのが何を指しているか分からないのですが、
スラスター移動が200mに満たないMSは100m走という手段を用意しています。
半分を測って時間を倍にして計測する、ということですね。これなら先行配備などのMSも問題なく計測できます。

いいですね、今度は負けませんy… ゴホン。


> 名無しさん
これは興味深いですね。寄稿感謝いたします、参考にさせていただきます。


> 名無しさん
ありがとうございます。最近は検証ブログというか、隠しパラメータ解析ブログみたいになってしまっていますがw
更新を楽しみにしてくださるのはこちらにとってもモチベーションになります。

ことはら(筆者) #F/8/srfw | URL
2014/06/03 19:41 * edit *

> 名無しさん
もっと色んなMSのスラスタースピードが明らかになればそういう考察ももっと広がるでしょうね。
スペックは劣っているけどスラスタースピードが早い、というMSも存在しますから、そういったMSが再評価される機会になって欲しいですね。

まだ確定ではありませんが、ヅダの上昇値は6っぽいですね。残念…


> 名無しさん
ご意見ありがとうございます。
移動スピードを計るために500m走でも一度検証していますね(スピード検証 Ⅲ)。ただし、

・単純に測定に時間が掛かる
・200mでもおおよその速度は分かる
・1度のスラスター移動で500mを走り切るのは不可能

という理由で採用していません。特に3番目が一番大きいですね。
スラスター移動はスラスター値にも限界がありますし、終わり際に減速するので1度のスラスター移動で測定しないと
きちんとしたデータが取れないという欠点があります。よってだいたいのMSが一度で走りきれる200m走を採用しています。


> 名無しさん
そういうことですね。
Ez-8はアップデートで移動スピードや旋回速度が向上しましたから、
それに合わせてスラスタースピードが上がったという錯覚が持たれるのも已む無しといったところです。
しかしこちらが計測した結果ではこの2つのMSは同じスラスタースピードでした。

ことはら(筆者) #F/8/srfw | URL
2014/06/03 19:41 * edit *

バトオペマスターガイドにスラ速度は時速で書いてあるんだけど、
陸ガンはスピード200で120km/h、スラは165km/hだから、アプデで若干上がってるんだな

名無しの壺さん #- | URL
2014/07/06 22:56 * edit *

旋回速度とはまた別にMSのモーション速度があると思うんですがね
LAの下格1発と素スナのソレでは明らかに速度差が感じられるように
Ez8が速いってのは納得です

名無しの壺さん #- | URL
2014/07/06 23:01 * edit *

> 名無しの壺さん
僕もマスターガイドは所持していますが、隠しパラメータが掲載されている反面、
初期機体しか載っていなかったり、アップデートで現在のステータスとは違ったりしていますね。
以後のアップデートでそれらが変化することも大いにありますし、これからも確認は怠らずにしていこうと思います。

そしてモーションの速度についてですが、確かに言われてみればそのような気もするような、しないような…
ただ、ドム系の慣性の違いをはじめ、数値に表せないような挙動の差が存在することは確かです。
しかし、検証する側の人間が言うのもタブーかもしれませんが、それらは「慣れ」で解決できるものだと思っていますし、
もっと言えば「わざわざ調べても結局感覚を頼りにするのがいいよね」という結論に行き着くと考えています。
違いがあるか、ないかを見つけるのは楽しいと思いますが、それ以上はあまり調べる気がおきないかな、というのが一検証者としての見解です。

ことはら #F/8/srfw | URL
2014/08/04 23:02 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://fml9.blog.fc2.com/tb.php/16-16516c35
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)