FC2ブログ
10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

ケース:装甲性能補正 




当記事で参照する検証データ >>> ダメージ検証:装甲性能補正



◆ 装甲性能補正   1 out of 5 Paragraphs of this entry.
                         

今回は、一部の勲章で上昇する装甲性能補正について検証する。
該当する勲章は、MS装甲改修技術章MS装甲改良技術章
これらを装備すると、それぞれ3%、5%分装甲性能補正が上昇する。

また、MSのスラスタースピードが上がる武功獅子勲章も、
アップデートで効果が弱化した補填として、2%の装甲性能補正効果が付与されている。


検証ではMS装甲改修技術章(3%上昇)に的を絞り、勲章の有無で被弾した時のダメージの差を比較した。


◆ 本体?   2 out of 5 Paragraphs of this entry.
                         

その前に引っかかる部分の確認を。
3つのいずれの勲章の説明文にも、

― MS”本体”の装甲性能補正が◯%上昇

と記されている。


わざわざ”本体”という表記を用いるのは何故か?
これまでの傾向から、予測できるパターンを2通り考えてみた。


◆ Aパターン:局部(頭部&脚部)以外に攻撃が当たった時のみ効果を発揮

いわゆるMS撃墜章パターン局部を除く本体(胴体)にのみ攻撃が当たった時に有効となる。
MS撃墜章とは違い防御に関わる効果なので、もしこのパターンだった場合、自分が被弾する部位を選べない分効果にムラが出るだろう。
そもそも射撃武器は爆風を持つ実弾が大半なこのゲームで、直撃しか望めない本体を狙われることは稀であり、
思ったように効果が発動しないことが想定される。


◆ Bパターン:局部(頭部&脚部)ダメージ以外に効果を発揮

つまり、MSのどこに当たっても効果を発揮するが、局部への負荷ダメージは通常通りのダメージが通るということ。
あえて言い換えるとするならば、逆DBLパターン
カスタムパーツ「データベースリンク」(通称DBL)は、局部ダメージを割合増加させる


これらもハッキリさせるため、同条件でMS本体と脚部両方に全く同じ検証を行った。


◆ 検証   3 out of 5 Paragraphs of this entry.
                         

検証内容はいたって単純で、攻撃側のジムが防御側のザクに実弾、ビーム、格闘の3種で攻撃するというもの。
ジムは射撃・格闘強化プログラムLV5の有無、ザクは勿論MS装甲改修技術章の有無でそれぞれ2体ずつ用意。

詳しい数値は冒頭のスプレッドシートを参照のこと。


e30_01.png


一番威力が高い格闘攻撃のデータだと分かりやすいが、本体ダメージの実測値(左から2列目)が勲章の有無で減少している。

勲章無しのαのザクが被弾した1、2行目では、現行の与ダメージ計算式で算出した計算値(最右列)とダメージが一致していることから、
βのザクの被ダメージ値と同じになるように、MS装甲改修技術章の効果を式に反映させればよいということになる。


MS装甲改修技術章の効果分が3%なので、防御倍率特殊倍率-0.03を加えると値が一致した。


e30_02.png
差は少ないが、実弾、ビームも同様の結果が得られた


よって、装甲性能補正の効果は、その%分防御倍率の特殊倍率を減算するということが分かった。


◆ 追加検証   4 out of 5 Paragraphs of this entry.
                         

先ほどのデータを見る限り、表の左から2列目の本体へのダメージ、及び3列目の脚部へのダメージはほぼ同じ結果を示している。
βのザクへのダメージが本体と脚部で1だけ違うのは、恐らくこれらのダメージの計算工程自体が異なっているためだと思われる

つまり予測した内の

◆ Aパターン:局部(頭部&脚部)以外に攻撃が当たった時のみ効果を発揮

の可能性はなくなったといえる。

この結果を鑑みて、被弾側の脚部に対して再度検証を行った。
求めるデータはずばり、「脚部がいつ壊れるか?」


攻撃側のジムのバルカンでザクの脚部を攻撃し、脚部へのダメージを計測した。

α、βともHPは10000に揃えているので脚部のHPは50%の5000となり、
部位補正の無い武器で攻撃するとHPが5000を下回ったと同時に脚部が壊れるはずだ。
脚部装甲は装備していない


負荷が限界に近づくにつれ1発ずつ調整しながらダメージを与えていくと、脚部が壊れたのは

MS装甲改修技術章無しのザク:HP 5015 → 4979
MS装甲改修技術章有りのザク:HP 5168 → 5133


に変化した時だった。


勲章を装備した時の方が脚部が早く壊れているので、一見訳が分からなくなるが、
これこそが先ほど予想したももう1つのパターンの、

◆ Bパターン:局部(頭部&脚部)ダメージ以外に効果を発揮

が正しいことの裏付けである。



被弾するのが胴体にせよ脚部にせよ、MS装甲改修技術章における装甲性能補正が効果を発揮していることはさっきのデータで分かった。

ここでおさらいしておきたいのがMS本体へのダメージとその局部へのダメージの通り方である。
脚部を攻撃すると、MS本体のHP(全体HP)と同じ分だけ脚部のHP(そのまま負荷となりMAXになると破損する)
にもダメージが入る。



MS装甲改修技術章を始めとする装甲性能補正の効果がもし後者(局部ダメージ)には効果が発揮されないのであれば、
そこにズレが生じてしまうことになる。


つまり勲章を装備したβのザクのHPが5000を下回らずに脚部破損したのは、
脚部が弱くなったからでも余計なダメージが入ったからでもなく、
MS本体だけ防御性能が上がり、脚部が壊れるまでの本体ダメージを軽減したからと考えるのが妥当といえる。


5000の3%は、150。これを元から引いて、4850。
3%を軽減しているので、HPが5168 → 5133、つまり合計4850のダメージを受けた時に脚部が壊れる。

こう考えると分かりやすいかと思う。


◆ まとめ   5 out of 5 Paragraphs of this entry.
                         

特殊倍率一覧


この検証を踏まえて、MS装甲改修技術章はもちろん、MS装甲改良技術章、そして武功獅子勲章の効果を
特殊倍率一覧のスプレッドシートに記載した。
表には局部へのダメージには効果が適用されないという補足を付け加えている。
間違っている or 勘違いする or もっといい書き方があるなどありましたらご一報ください


なお後日の検証の結果、この装甲性能補正装甲が300(MAX)でも効果を発揮するようだ。

数値を見てもらえば分かる通り、最も高い5%の効果を持つMS装甲改良技術章であっても
装甲値に換算してわずか+28と心許ないものだが、無意味になることはないので安心しよう。



次回は勲章繋がりでお守り勲章について調べてみたい。
それでは今回はこの辺で。

スポンサーサイト



category: 検証

thread: 機動戦士ガンダム バトルオペレーション

janre: ゲーム

Posted on 2015/01/18 Sun. 17:36  edit  |  tb: 0   cm: 0  

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://fml9.blog.fc2.com/tb.php/30-f20a1248
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)